海外FXと為替レート&FX口座の作り方

海外FX為替取引をする時に重要なこと

海外FX為替取引をする時に重要となるのが、為替レートです。通貨と通貨を売買する時に取り決めた比率のことを、為替レートといいます。国家間の経済的な関係や社会情勢などによって為替レートは変わります。FXでは、この為替レートで自分の買いで入りたい通貨、売りで入りたい通貨を判断し、売買取引する必要があります。取引が成立するためには、取引量が一致していなければならず、このことを相対取引と言うのです。

海外FXは世界各国の大きなマーケットで常に取引されています。同じ通貨ペア同士であれば同じ為替レートになると思う人もいると思いますが、実はそうではありません。その為替通貨に対する需要と、国から発行する通貨の供給量などに応じて相場は決まることから、状況に大きく影響を受けるのです。自分はポンドをたくさん持ちすぎているから、少し安くても売ってしまいたいと言う人もいるのです

人によっては多少時間がかかってもいいので、条件のいいときにポンドがほしいということもあります。為替レートは海外FXでは実際の売買ではそのレートとは限らないようです。

FX口座を作るにあたって

働いていない主婦が証券口座をつくりたいと思っても、証券会社の審査で断られることがあります。FX口座の発行に慎重になってる海外FX業者が増えてきたために、収入があることが条件になりがちです。ですが、専業主婦の場合、自分に収入がなくても配偶者の収入からお金を得ることができるので状況が異なります。口座をつくる時に、配偶者のほうの信用を審査してもらうことも可能です。FX会社によって配偶者の信用次第で専業主婦を無収入扱いせず、口座を発行します。既にFX口座を持つ人が、子なり配偶者なりに家族口座をつくることもあります。

同居の家族に気づかれないように海外FX口座を作りたい専業主婦もいるようです。そういう人の場合、専業主婦のままだと配偶者にバレてしまう可能性もありますし、配偶者の収入からの余裕資金ができません。フルタイムでなくていいので、アルバイトくらいの仕事を始めることで、自分名義の収入を確保することができます。FXで大事なことは月々の収入が安定していることなので、正社員として働かずとも主婦がお金をつくることが可能です。もしもFX口座が欲しいという専業主婦がいたら、3カ月をめどにパートなりアルバイトしてから申し込みましょう。